専用線の傍ら
横田基地専用線



JR拝島駅から西武拝島線を平面交差して、米軍の横田基地を結ぶ横田基地専用線、主に運ばれてくるのはジェット燃料である。JR鶴見線の安善駅近くにある米軍の貯油施設から南武線・青梅線を経由して拝島駅へと米タンと呼ばれる専用貨物列車で輸送している。臨時列車の扱いだが、運行の有無については米軍により決定するわけである。


拝島駅の周辺地図


大きな地図で見る



横田2号踏切


横田2号踏切から


WARNING」と表記した警告看板、専用線自体も米軍基地扱いの一つとなっている。
列車が滅多に通らない分、専用線自体、米軍が常に監視されているわけでもないのに、まるで説得力の無さそうな警告看板です。


横田3号踏切、まさに路地裏にある小さな踏切です。


横田3号踏切の案内板、連絡先はJR貨物八王子駅である。
そのためか、横田基地専用線の管理する鉄道事業者は、JR貨物が管理している。


横田4号踏切。線路沿いの家、線路脇に道具などが置かれている。廃線なら当たり前の光景だが、実際は廃線ではない。
この雰囲気じゃ、警告看板の説得力の無さがわかる。


横田4号踏切から、拝島駅方面を見渡します。


砂川街道踏切から、基地方面を見渡します。


横田6号踏切は当専用線唯一の第四種踏切である。もちろん警報機は付いていないのがわかる。


横田6号踏切から基地方面を眺めます。近くには米軍施設とのゲート(金網)があり、ディーゼル機関車が牽引するジェット燃料輸送列車は、このあたりで一旦停止するでしょう。


さらに望遠してみると、金網を超えると米軍施設である。まさに「国境」を思わせます。
日本の中の「アメリカ合衆国」と言っても過言ではないです。


金網を超えれば、アメリカ合衆国そのものの雰囲気が漂わせます。

撮影日:2010年5月10日 Morizou128@管理人が撮影。


   

Copyright (C) Morizou128 All Rights Reserved.

inserted by FC2 system